めまい

基本的な施術の流れをご紹介します。

検査をしても異常がない「めまい」、首の凝りが原因かもしれません。

問診


筋肉に姿勢の悪さなどで負担がかかると、首を支える筋肉が緊張し固くなりますめまいとは身体の感覚のひとつである「平衡感覚」に何らかの異常が発生し、バランスを失うことを指します。そのため、めまいが発生すると、立つことができなくなり、気分が悪くになることがあります。首にに姿勢の悪さなどで負担がかかると、首を支える筋肉が緊張し固くなります 次に「首のコリ」が誘引となって頚椎と呼ばれる首の骨に過剰な負担がかかります。 すると頚椎にある自律神経系(副交感神経)のバランスが乱れてめまいが発生する可能性があります。また首のコリが原因で、首の一部が圧迫され脳へ流れる血流が不足し、めまいを起こすことがあります。姿勢の悪さの影響が長引くと、首の骨が変形することがあります。 変形によっては首を通る血管が圧迫され、脳への血流が不安定になることでめまいが起こる場合があります。

鍼灸のメリット

検査

筋肉の持続的な収縮・緊張は主に筋の損傷時、疲労時にみられます。この時交感神経は緊張しており、筋肉内は血液の循環不全(いわゆる血行の悪い状態)状態になっています。  経穴の刺激は中枢神経を介して交感神経の緊張を緩和し(自律神経の作用の一つである血液循環反応)、筋肉内の血流を改善させます。また、筋肉の収縮・緊張部に直接刺激をすることで、部位血管を拡張させる知覚神経の反射を利用した方法も報告されています。血流の増加は筋肉内の疲労物質(乳酸)や発痛物質を洗い流す事でこの原因を除去し、筋緊張を緩めたり、痛みを軽減させたりしています。

施術

めまいを感じた時の危険な症状、「まっすぐに歩けない!平衡感覚を失っている」そう感じたときはなんらかの障害の可能性が高いです。できるだけすぐに病院へ行きましょう。特に運動機能をつかさどる小脳や、脳幹あたりで障害が起こると、急に歩けなくなるなどの症状がでます。そんなときは、病院の時間外でも迷わず救急外来を受診した方がよいです。 そのほか重篤な脳の病気の前兆として、めまいを感じることがあります。めまいと同時に頭痛も感じる場合は、特に危険な状態です。耳鳴り、難聴を伴う場合も要注意です。 ・脳梗塞…生活習慣から起こった動脈硬化により、脳への血液の流れが悪くなると栄養や酸素が行きわたらなくなり、脳の組織の壊死が起こってきます。・脳卒中…脳の血管が破れて出血してしまった状態です。脳内出血、くも膜下出血などの病気の病気を含む脳の障害の総称です。脳は障害を受けた部分により、体が動かなくなったり、意識がなくなるなどさまざまな症状が出ます。 もう一つ、耳の疾患で気を付けたいのが「外リンパろう」です。・外リンパろう…飛行機の離発着やダイビングなどをきっかけに、内耳と鼓室(鼓膜の内と外)の圧力差が大きくなった時にろう孔が生じ、外リンパ液が漏れ出てしまった状態。平衡感覚をつかさどる内耳に障害がでるため、めまいや聴覚の異常を来します。放置してしまうと聴力が戻らなくなることがあります。 危険な症状の手前には、前兆の症状が現れることがあります。まず検査をお願いします