不妊症

2年以上

問診

日本においては、不妊治療といえば西洋医学的治療に頼られることが多いですが、鍼灸がその効果を高めることもすでに新聞等で報告されている通りです。
一般不妊治療もしくはARTを受ける前に鍼灸治療を行うことにより、妊娠に至るまでの期間を短くすることができると考えられています。

鍼灸の働き

検査

妊娠しにくい体質の方に対して鍼灸施術を行うことで、体質改善を図ります。気づかぬうちにバランスを崩してしまっている体の調子(例えば内臓機能やホルモンバランス、自律神経など)を整え、体自体が本来持っている自然治癒力生命力を鍼灸の効果で高めていきます。自分の気づいていない疲れ、不調を改善し、妊娠しやすい整った体へ。 また同時に妊娠を維持して、無事に出産を終えるための準備を整えていきます。

検査

施術

ピックアップ障害(卵子が正常に卵管采に取り込まれない)
子宮頚管因子(精子が子宮に入れない)
卵管因子(卵管狭窄・卵管閉塞・卵管水腫)などは、検査をしてみないことには分かりません。当院では、はじめに検査を行うことをお勧めしています。

説明

説明

東洋医学では、「人間の体は自然の一部である」という「整体観」に基づいて、それに「気・血」というからだの中を巡るものがあると考えられています。
これらに基づきながら、「自然治癒力」を引き出していくのが東洋医学です。
特に東洋医学のなかで「鍼灸治療」は、体にあるツボと呼ばれる「経穴(けいけつ)」や「経絡(けいらく)」を針や灸で刺激して体調を改善する治療法です。

不妊症で特に注目すべきが女性ホルモンの乱れです。
ホルモンの乱れにより自律神経の失調症状が出やすく、月経前症候群(月経困難症。生理痛、イライラなど)を起こすことがよく知られています。


この月経前症候群がある方は、女性ホルモンのバランスが悪いために、妊娠しにくい体質といえるわけです。 逆に、女性ホルモンのバランスが悪いだけであるなら、自律神経を整えることでホルモンのバランスがとれ、体調がよくなり、妊娠しやすい体質作りの基本ができてきます。