施術について

目次

大切な身体だから

誠実に

自分自身が認識している痛い部位

張りやコリをさがします

痛みは警報

痛みは警報

痛みが出るのは、使いたくないから

警報が出てる場所と痛みを引き起こしている場所。

原因は複数かもしれません

自律神経調節

科学も認める《はりのチカラ》公益法人日本鍼灸師会より

自律神経調節と鎮痛作用

鍼は抗ストレス作用を効果をもたらし、

副交感神経を優位にすると考えられています。

伝統的な手法

経絡を利用

鍼をツボ(経穴)に刺し

変化をもたらします。

トリガーポイント鍼療法

解剖学的アプローチ

TPを形成した筋肉に鍼を刺し置鍼。

本数をできるだけ少なく

身体に負担がないように

目次
閉じる