初めての方へ

外反母趾に膝のツボ

歩いていて痛い。ジンジンするといった痛みの外反母趾。

あまりの痛さに、親指周辺を押したいと考えてしまいます。

もし炎症や腫れが起こっていたら、触るのさえも炎症を増やしてしまうかもしれません。

意外と膝の周辺のツボが効果的

狙うのはココです。

片方の足にしか目印のがありませんが、両足とも触っていきます。

ツボで言うと、血海と地機になります。

押すというよりは、つまむ感じ

この赤丸を支点にして ガバッと持つ感じで筋肉をつかみます。

痛くなく、少し気持ちいいくらいの強さが最適です。

次に、赤丸を中心に上下5センチほど同じことを繰り返していきます。

合計4か所 丁寧につまんで揉んでいきます。

片足に2~3分くらい。

初めは血海から

血海の場所は、膝のお皿の内側をまっすぐ上にたどっていき、指三本分くらいのところになります。

次に地機

地機の場所は、膝の内側を下から上に触っていくと、少し凹んだところがあります。ここから指4本下の部分になります。

筋膜のつながりで言うと、ディープフロントライン

足裏から内転筋群(太ももの内側)までがつながっています。

東洋医学的には、(足の太陰)脾経という経絡になります。

この経絡、足の親指からつながっています。

正確でなくても大丈夫

押さえる位置は、正確でなくても大丈夫!

注意するのは、強くしすぎないこと。

人間は、痛いと効いていると考えたいですが、痛いのは良くないです。

名古屋市中村区のたつみ鍼灸院