仕組み

参考までに。

妊娠の仕組み

問診

私たちヒトは、1回の月経周期(25~35日)の間に、1回、標準で1個排卵すると
いわれています。
実際には排卵が起こってから約2週間後に月経(生理)が来るようにできています。
例えば、月経が28日周期のヒトは14日目に排卵があり、その後2週間すると生理が来ます。

自然妊娠では、卵巣にある未成熟の原始卵胞が毎月10個程度成長していきます。次第に一つの主席卵胞が成長し、排卵が起こります。
そのほかの未熟な卵胞は、体内に吸収されてしまいます。
一方、性交により膣から進入してきた精子は、膣、子宮、卵管を泳ぎきるだけの元気な精子だけが卵子と出会うことができます。精子にとって膣内は、pHが酸性であることや、精子を異物と判断する免疫系が存在するなど、過酷な環境なのです。精子は射精後2~7日生きるとされていますが、受精に望ましいのは5~6時間後から1日半後くらいまでです。

排卵された卵子は卵管の端(卵管采)にキャッチされ、卵管を移動している間に、元気な精子と出会い、受精します。排卵後、受精するまでの時間は6時間までが望ましいとされています。(24時間程度は卵子は生きているようです。)

卵管は卵子と精子の出会う場所なので、卵管が何かの原因で詰まっている場合は妊娠が成立しなくなります。卵管内で受精が起こると、受精した刺激でその卵子は分割を始め、分割しながら子宮へ移動します。

十分な厚さまで成長している(つまりフカフカのベッドのような)子宮内膜に受精卵が到達し、子宮内膜にうまくくっつくことができる(着床する)と妊娠の成立となります。。

不育症

検査

不育症とは、妊娠(受精卵の着床)はするものの、流産や死産を繰り返す状態のことです。「習慣性流産」といわれることもあります。

妊娠22週までになんらかの異常で胎児がなくなってしまうことを流産といい、それ以降は死産となります。そのうち、流産のほとんどは妊娠が成立してから10週まで、いわゆる初期流産が起こっています。一般的に自然流産は10~15%の確率で起こってしまいますが、流産や死産を2回以上繰り返すと不育症といわれています。

流産の原因で一番多いものが受精卵の染色体の異常で、流産の約70%くらいといわれています。他にも、胎盤で血栓ができてしまう人もいます。抹消の細い血管に小さな血栓が生じやすい体質の場合、妊娠初期の胎盤に小さな血栓がたくさんできて、胎児への血行が悪くなるために流産してしまいます。


抗リン脂質抗体症候群といわれる体質の方が、代表例といわれています。
もし、抗リン脂質抗体症候群が原因の場合は、血栓予防に低容量のアスピリン服用や、ヘパリン(血液抗凝固薬)の注射を行います。

不育症の検査は受精卵の染色体異常の検査や、血液凝固系、免疫系の検査があります。しかし、免疫系の不育症は無数に原因があるといわれ、判断が難しいのが現状です。

また、甲状腺の病気がある人も流産しやすいと言われています。病名としてはバセドウ病や橋本病です。例えば甲状腺ホルモンが不足すると卵胞が育たず、排卵がおきないのです。
甲状腺ホルモンを正常になるようにするには、内服薬での治療があります。

検査

施術 様々な検査がありますが、一部のみ紹介いたします。

不妊症の検査は さまざまありますが、鍼灸治療を始める前に受けたい検査は以下のようになります。

(母側)

卵管造影検査

卵管は卵子と精子が出会い、受精するところです。この卵管につまりがないかどうかの検査です。方法は、子宮の入り口から造影剤を流しいれ、レントゲン写真を撮ることで確認します。
不妊症の検査の中では状況や人によっては「痛い」といわれるものの一つですが、卵管が詰まっていると決定的な不妊の原因となりますので、重要な検査になります。

腹腔鏡検査

卵管の周囲に癒着があるかどうかを調べます。癒着があると卵管の先端が動けず、卵子を卵管内に取り込むことができないのです。方法は、腹部にレンズやそのほかの装置のついた細長い筒を挿入し、臓器を肉眼で観察します。癒着が軽度の場合、この検査のときに剥離することも可能です。

(父側)

精液検査

精子が元気で十分な数あるかどうかを調べます。また、精子の奇形がないかどうかも調べます。
方法は、採取した精液を、十分に液化、均一化させて、肉眼所見(乳白色~白色か)、精液量(基準値1.5ml)、pH、運動率(基準値32%)、濃度(基準値1500万/ml)、正常形態率(4%以上)を調べます。

このほかにも検査がありますが、以上のような検査や、タイミング療法や人工授精で結果が出ないなどの場合に、高度生殖医療(体外受精など)に進みます。