逆子鍼灸

28週から

問診

お勧めは、28週から34週。

さまざな研究により32週~33週の至陰穴の刺激が最適と報告されています。

林田和郎氏の日本鍼灸学会への報告では584例中525例など。

浅い鍼

検査

通常の肩こりなどの施術と違い、専用の特に細い針を使用します。

お灸は、部位を指導しますのでご自宅で毎日していただきます。

回数は

施術

3回から6回程度


狭骨盤の方や前置胎盤の方など、回数に関わらず変化のない場合もございます。

鍼灸のメリット

  • 母体や赤ちゃんに安全
  • 回復力アップ
  • 血流改善により、冷え防止

施術は、女性鍼灸師

説明


出産間際の疑問など、遠慮せずお尋ねください。

20年以上の経験を持つ鍼灸師が対応させていただきます。





料金


初回 5,000円
2回目 3,500円