臨床家のためのトリガーポイントアプローチ

医道の日本社

著者 黒岩恭一 

1999年

 

筋肉に対してのアプローチが分かる、私の好きな本。

現在は、初学者にも分かりやすく、技術が進化していると伺った。

黒岩先生の本は大変少ないので、大変貴重な一冊。

現在の施術理論についてもお書きいただきたいと願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です