初めてのトリガーポイントアプローチ

医道の日本社

著者 伊藤和憲

2009年

 

筋肉の走行、解剖図が多く分かりやすい。

触診の方法として、よく参考にしている。

好みが分かれる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です